食用油ろ過システム
エコレ®」とは

食用油の品質維持
コストダウンを両立する
調理場必須の新システム

エコレ®は、油の品質維持とコスト削減を両立する、飲食・給食業界必見の食用油ろ過システム。
昨今の食用油の高騰、HACCP廃棄基準への対応など、業界を取り巻く環境は厳しい状況が続いていますが、エコレ®はそんな苦境を乗り切るためのアイテムです。
油の品質を維持し、店内の清潔感を保ちながらよりおいしい揚げ物の提供を可能に。そのうえで新油の購入費や廃棄費用などを削減することができます。扱い方もとても簡単で、エコレ®のタイプによっては工数減・時間短縮が可能で人件費の抑制につながるのが特長です。適切な使用により足し油のみで利用し続けることができるため、廃油が激減し、地球環境にも優しいエコレ®。
食用油関連の課題を解決に導く、調理場の強い味方です。

飲食・給食業界必見!
食用油にまつわる課題を
解決へと導きます
飲食・給食業界必見!
食用油にまつわる課題を
解決へと導きます

このようなことで
お困りではありませんか?

食品の値上がりが経営を直撃

食品の値上がり
経営を直撃

原材料の値上げラッシュが続くなか、食用油の価格も高騰中。経営に大打撃を与えている物価高を乗り切るために、コストの見直しを図りたい!

店内・調理場の衛生面が不安だ

店内・調理場の衛生面
不安だ

店内が油でベタつく・臭いが気になるなど衛生面の不安があるが、どう対応したらいいのか。人手不足や人件費削減もあり、清掃に手が回らない。

料理の味に対する評判が落ちてきた

料理の味に対する
評判が落ちてきた

コスト削減のため食用油の交換頻度を低くしたところ、料理の味が悪くなったと店の評判が落ちてしまった。味とコストカットを両立する方法は?

「エコレ®」を導入する
5つのメリット

Merit 01

健康

劣化した油から発生する有害物質を除去

酸化した油からはアルデヒドなどの有毒物質が発生し、下痢や嘔吐、腹痛など食中毒のような症状が出ることも。食用油の機能を復活させるエコレ®を使用すれば、お客様の健康にも配慮したメニューの提供が可能になります。

健康

Merit 02

おいしい

カラッとおいしく揚がりお客様も大満足

エコレ®を使用すると、古くなった油に含まれている水分も同時に除去。食用油が持つ本来の力が戻り、カラッと風味よく揚がります。疲れた油特有の濃い色目も解消されるため、お客様の目の前でも安心して調理できます。

おいしい

Merit 03

店がきれい

臭いや油煙が激減し、店内・厨房の環境改善

酸価値の上昇した油からは、強い臭いが起こるだけでなく、店内をベタつかせる原因となる油煙が発生します。エコレ®で油の劣化を回復することで、臭いと油煙の発生を抑えるため、店内・調理場をきれいに保てます。

店がきれい

Merit 04

経営改善

食用油関連の経費削減と集客増

エコレ®を導入すれば、足し油で対応可能。油の購入費や廃棄費用が激減するため、大幅な経費削減が見込めます。またカラッとおいしい揚げ物メニューの提供、清潔感あふれるお店を実現し、客足が絶えない繁盛店に。

経営改善

Merit 05

地球環境

持続可能&環境保全で社会貢献

劣化した食用油を回復させ、足し油で使用し続けるサステナブルなシステムです。また古くなった油を廃棄する機会もぐんと減り、地球環境にも優しいのがメリット。エコレ®を導入することが、社会貢献につながります。

地球環境

エコレ®で油の品質が大きく改善され
ご店舗様、益々のご繁盛に
役立つことを願っています。

エコレ®の効果

  • 臭い

    劣化した油が放つ
    強い刺激臭を除去

  • 色目

    清澄感も回復させ
    見た目もきれいに

  • 品質

    酸価値を低下させ
    新品同等の品質に

  • おいしさ

    カラッと風味よく
    おいしく仕上がる

酸価値低下と臭い除去を実現し、色目も回復

Point 01

酸価値低下と臭い除去を
実現し、色目も回復

エコレ®は劣化した油の酸価値を低下させ、強い臭いを取り去るのはもちろん、古い油が引き起こす下痢や嘔吐、腹痛など食中毒のような症状の発生リスクも抑えます。油の色目も回復させ、常に澄んだ油で調理可能です。
※少しずつ色素沈着します。

店内のベタつきや臭いを抑える

Point 02

店内のベタつきや臭いを
抑える

古くなった油の放つ強い臭いや、店内の不潔感の一因となるベタつきを起こす油煙は、客離れにもつながる深刻な問題です。エコレ®は油の劣化を回復させ、強い臭いと油煙の発生を抑えて衛生面の改善へとつなげます。

本来のおいしさを取り戻す

Point 03

本来のおいしさを取り戻す

食用油が持つ本来の力を取り戻すエコレ®。古くなった油の酸価値を下げると同時に、油に含まれる水分も除去するため、食材がカラッと風味よく揚がります。油の濁りも解消されるため、「目にもおいしい」調理が可能です。

おいしい食事で商売繁盛、コストも削減!

Point 04

おいしい食事で商売繁盛、
コストも削減!

エコレ®で回復した油で揚げた、カラッとおいしいメニューにお客様も大満足! 清潔な店内もリピーター率を高め、売り上げもアップ。加えて油の購入費や廃棄費用など大幅な経費削減が期待できるのもエコレ®だからこそ。

油の悩みを解決

エコレ®のコストダウン率は、
なんと50~60%以上
価格高騰する食用油の
大幅な削減が可能です

※国の定める油の廃棄基準を遵守したうえで試算した、商品代金を含む削減率

  • FEATURES01

    パウダー状のエコレ®を油に入れると、油中に発生している劣化物である遊離脂肪酸を吸着します。
    その後、フィルターを通してろ過することで劣化物を全て除去し、油の品質を回復させます。

  • FEATURES02

    メーカー推奨の適正なエコレ®処理を続けていくことで、足し油をしながら、繰り返し油を使用することができます。
    新油との入れ替え、油の廃棄の機会が激減するため、大幅なコスト削減が可能となります。

  • FEATURES03

    食用油関連の経費削減に有効なエコレ®。油購入費用だけで、50~60%以上のコストダウンが可能です。

  • 油の購入費の削減

    新油の購入はもちろん、廃棄量・機会共に激減

    油の購入費の削減
  • 人件費の削減

    作業工数減・時短による人件費の削減も
    ※エコレⅢの場合

    人件費の削減
  • メンテ費の削減

    油煙減少でエアコンなどのメンテ回数削減も可能

    メンテ費の削減
  • 廃棄費の削減

    油煙を抑えて揚げるから、生焼け品の廃棄を減らせる

    廃棄費の削減

さらにコストダウン
以外にも

  • 劣化物である遊離脂肪酸を吸着・除去することにより、
    遊離脂肪酸に含まれる水分も取り除けるため、カラッと風味よく揚がります。
  • 品質が回復した油で調理すれば、胃もたれほか食中毒のような症状が起こるリスクが激減します。
    安心・安全で健康的なメニューの提供につながります。
  • 脱臭効果もあるエコレ®なら、揚げ種のにおいも気になりません。
  • 前の揚げ種のにおいを残しません。

エコレ®導入店の
揚げ物の比較

古い油の場合

古い油の場合

敷紙に油がベットリ付着し、油切れが悪い。

エコレ®処理油の場合

エコレ®処理油の場合

敷紙に殆ど油が付着しておらず、油切れが良いことが判ります。

油の劣化メカニズム

廃棄基準を過ぎた油は、危険です!
廃棄基準を過ぎた油は、危険です!
店舗のイメージが下がってしまい
「客離れ」「人材不足」
「コストアップ(原価の加算)」
「売り上げダウン」の原因に…
店舗のイメージが下がってしまい
「客離れ」「人材不足」
「コストアップ(原価の加算)」
「売り上げダウン」の原因に…

HACCP(ハサップ)
における油の衛生管理

数値で判断

「弁当及びそうざい」においては、酸価が2.5を超えたものは新しい油脂と交換することになっています。品質基準の指標となっている酸価や過酸化物価等の数値で管理すると感覚差がないため確実に衛生管理が行えます。

外観で判断

揚げ油は劣化すると、変色や異臭、粘度の上昇発煙、カニ泡が発生してきます。
劣化した油脂による食中毒は、嘔吐、腹痛、下痢などの症状を引き起こすため速やかに新しい油と交換する必要があります。

※厚生労働省「弁当及びそうざいの衛生規範について」は、2021年6月のHACCPの制度化により廃止されましたが、油の衛生管理として、酸価を交換基準とする事業者が増えています。

油の品質管理を怠ると…

油の品質管理を怠ると…(酸価値2.5が破棄基準)

「油の酸価」とは厚生労働省によって定められた、
衛生管理基準を満たすかどうか判断するための数値です。AVチェッカーの先端を油に浸すと、酸価に応じて色が変化するので、酸価値をチェックします。

基準を超えた油からアルデビド(発癌性)が発生

基準を超えた油から
アルデビド(発癌性)
が発生

揚げ油は外的要因(光、空気、熱など)で劣化(酸化)すると、変色や異臭、粘度の上昇が起きてきます。劣化した油脂による食中毒は嘔吐、腹痛、下痢などの症状を引き起こす場合があります。

酸価における判定
酸価における判定

酸価における判定

0~2.0:未満

油の劣化はほとんどみられない

2.0~3.0:未満

劣化しかけている(風味が落ちてくる)

3.0~4.0:未満

かなり劣化しており、食べない方がよい

4.0~

明らかに劣化しており、中毒の危険性がある

簡易測定方法

(例)市販の油脂劣化度測定試験紙を油に浸し、変色する試験紙の色で酸価を測定します。

エコレ®の
商品ラインナップ

商品名 エコレI エコレII エコレIII
商品
エコレI

下ろ過型

エコレII_01

上ろ過型

エコレII_02
エコレIII
対象 個人店様向け チェーン様向け ろ過機導入済店 スーパー等
初期投資(R4.11月現在) 1万円程度 8万円程度 8万円程度 40万円程度
メリット 安価・導入しやすい 現在の作業と殆ど同じ 工数減と時短

・作業性向上 ・安全性向上 ・場所を取らない

・作業工数減 ・時間短縮

お客様のお声をご紹介

油で差別化! 油で集客!
油から変える!

大阪市

石窯パンの店 ゴッホ
鹿島店長 様

  • 臭い改善
  • 経費削減
  • 廃油激減

最初に調理場の臭いが無くなったと気づきました。当店では、健康で高品質な油を使用していますので経費削減にも効果が見られます。
1年間廃油が出ておらず、作業も楽でとても助かります。

兵庫県加古川市

カレー鍋 玉屋
初瀬 様、茨木 取締役 様

  • 臭い改善
  • 油キレイ

エコレ®処理後の油で、毎朝天ぷらを揚げる時は新しい油で揚げている様に感じる程です。
エコレ®は当店では、手放せません。

兵庫県西宮市

お弁当チェーン店
パート 様

  • 臭い改善
  • 店内スッキリ
  • 売上UP

エコレ®を導入いただいてから、家族から臭いと言われていた臭いの悩みが解消しました。店内もスッキリして、揚がり方も改善されました。最近は、揚げ物の売上が上がってきています。

地球にやさしいエコレ®

エコレ®は、限りある
資源のリユースを可能とし
すべての人の健康と、
地球環境の改善
大きく貢献します

例えば、ペットボトル1本(500㎖)の廃油を河川に廃棄した場合、魚が住める水にするためには、10万ℓ(風呂釜330杯)もの水が必要になります。

Point 01

例えば、ペットボトル1本(500㎖)の廃油を河川に廃棄した場合、
魚が住める水にするためには、10万ℓ(風呂釜330杯)もの水が必要になります。

エコレ処理で排出する油を燃焼した場合、現在、廃棄している油を燃焼した場合と比較すると80~90%以上のCO2の排出量の削減となります。

Point 02

エコレ®処理で排出する油を燃焼した場合、現在、廃棄している油を燃焼した場合と比較すると80~90%以上のCO2の排出量の削減となります。

エコレ®導入の流れ

  1. STEP

    お問い合わせ

    まずはお電話・メールで当社までお問い合わせください。エコレ®導入には、お客様の使用するフライヤーの確認や、お申し込みタイプにより計測などが必要になる場合もございます。そのためお客様の事業所のある地域に応じて、ご訪問またはオンライン商談の日時を設定させていただきます。

  2. STEP

    商品説明&ヒアリング

    訪問またはオンライン商談にて、エコレ®シリーズ(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)の中からお客様に適したタイプをご提案させていただきます。フライヤーの油量や油の購入価格、廃棄基準などをお聞きしたうえで、コストダウン率などの試算も可能です。

    事前にご確認ください。

    • フライヤーの油量
    • 油の購入価格
    • 現在の油の廃棄基準

    ※ご店舗のため、ハサップでの廃棄基準をご提案いたします。

  3. STEP

    ご導入

    商品にご納得いただけましたら、郵送にてお送りさせていただきます。
    エコレⅠについては、ペール缶などをご用意いただく必要がございます。またⅡ・Ⅲについてはフライヤーを計測のうえ、受け皿の発注(有料)が必要となりますのでご注意ください。

  4. STEP

    ご注文

    1セット=15回処理分となります。担当者にご連絡のうえ、ご注文ください。
    発注後、3~5日以内にお届けいたします(地域により異なる場合があります)。
    ご使用を続けていくうえでエコレⅡ・Ⅲへとアップグレードも可能です。
    その際は新たなろ過機器の費用がかかります。

エコレ®のQ&A

Qどんな種類の食用油でもエコレ®処理ができますか?
A

処理できます。

常温で固まる動物性油等は、ろ過後に固まりますのでご注意ください。

ラード、ヘッド、ショートニング等の油を処理される場合は、別途、処理方法を担当者よりご案内させていただきます。

Qどんな油量でも処理できますか?
A

処理できます。

(但し、30ℓ位までの油量の処理を対象としています)

ろ過用機器は、エコレⅠ・Ⅱ・Ⅲからご選択ください。

Qエコレ®で処理した油は安全ですか?
A

安全です。

使用している吸着剤等の原料は、厚生労働省の食品添加物の認可を受けています。

これらの原料は、食用油、しょう油、酒類(ビール、清酒、焼酎、ワイン)ジュースなどの食品の製造にも使われる汎用性のある無機質のものです。(無機質…アレルギー物質を含まない物質です)

処理後の油は、公的検査機関(日本食品分析センター)において、効果と安全性は確認されています。

Q処理は、簡単ですか?
A

簡単です。

調理後の油にエコレ®を入れ、かき混ぜ、フィルターでろ過するだけの処理です。

エコレⅡやⅢでは、フライヤーの油を落とすだけの、更に簡単な処理です。

Q高温の油に吸着剤を投入すると、臭いが発生する場合があります。
これは、安全ですか?
A

安全です。

エコレ®処理の最適温度は、130℃前後となります。

140℃以上の油にエコレ®を投入した場合、一部の臭いが強調され、臭いを感じる場合があります。
この臭いが発生した場合、油を再加熱すると蒸発していきます。品質には問題はありませんので安心してご使用ください。
しかし、この臭いが気になる場合は、油温を下げてから処理をしてください。180℃の場合、およそ30分程、放冷していただくと、140℃程度に下がります。

ラストオーダー時にフライヤーの加熱を止めて放冷してください。

エコレ®は、油温が100℃以上で投入すると、吸着していた水分等を放出し、吸着容量が増え、色目などの吸着性能がUPします。

100℃以下の温度では、処理をしないでください。

Q吸着剤の投入量の目安は?
A

各油量に合わせて適量のエコレ®を個包装にしています。

対応する油量は、3~30ℓまでとなっています。

Qエコレ®の処理頻度の目安は?
A

ご店舗様に適した処理頻度は、別途、担当者よりご提案させていただきます。

ハサップによる厚生労働省からの油の廃棄基準は、酸価値2.5以上となっています。油の品質管理により、お客様から喜ばれ、ご店舗の環境改善にもつながります。

Q翌日、上容器の表面に油が少し残っている場合は?(エコレⅠ・Ⅱ)
A

そのまま放置していると、ろ過されます。

これは、片栗粉等の目の細かい粉末や、動物性の油等が、フィルターの目を塞ぐ働きにより、油がゆっくり通るためと推測されます。
この時、ろ過しきれなかった油は、そのまましばらくすれば、完全にろ過します。下容器で残りの油を回収し、次回にご使用ください。

採用情報

働き方は、あなた次第
営業経験も不問です

当社は、2023年8月設立のまだまだ新しい会社。これから一緒に会社を築き上げていける仲間を募集しています。ご家庭の事情などでフルタイム勤務が難しい方、夜だけ働きたいという方など、その方に合わせた柔軟な勤務体制を整えるべく準備しています。当社のメンバーには営業未経験の元看護師も。これまでの経験やスキルよりも「チャレンジしたい」という気持ちを大切にしています。

働き方は、あなた次第営業経験も不問です

お問い合わせ

エコレ®の「導入のご相談」や
「資料請求」は
こちらからお気軽に
お問い合わせください。

072-490-3515